A new kind of musical instrument

Chopstick piano ・ chester
割り箸ピアノ・幻ピアノ

 

5 years ago I made an instrument.

I called it the chopstick piano.

I wanted to make a zither out of an old guitar body.  Thought that would be fun.  Turned out to be a lot harder than I thought it would.  But I did it.  The whole thing was made from scrap materials.  I ended up ditching the guitar body, as it became structurally irrelevant.

五年前に楽器を作った。割り箸ピアノって名付けた。

ギターのボディーでテーブルハープを作りたかった。楽しそうだと思ったから。思ったよりはるかに大変な作業だった。でも楽器ができた。廃材だけで作られた。ギターのボディーは構造的に意味がなくて結局捨てちゃった。

The very first days of the first model, with guitar body. Fall, 2012. ギター箱付きの一番最初の形

 

Here is the instrument that sparked the idea for the keys: the dolceola.

このドルシオラっていう楽器の影響で自分で鍵盤を作ろうと思った。

 

 

An electric zither with a keyboard was what I wanted.  The first thing I tried using for hammers was paperclips.  They sounded horrible, and I scrapped those too.  Then I went for chopsticks.  They sounded good.

鍵盤付きのエレキ琴みたいなやつが欲しかった。最初にハンマーとしてクリップを使って見たけど、音は悪くてそれも廃れちゃった。それで割り箸を使って見た。音は良かった。

 

The idea to pluck the strings with a guitar pick came later.  Actually, it was a little plastic putty knife.  Then I started using a sharpened stick.  With rosin.

The first model had 24 strings and 4 guitar pickups built in.  The keys were also chopsticks.  The action was so basic that I had to punch it like a typewriter.  I also tried to make switches for changing the key.  I almost lost my mind trying to perfect it, and gave up.

弦を弾くことを後で思いついた。ボンド用のへらをギターピックみたいに使ってそれも音良かった。その後削られた木の枝に変えた。松ヤニも擦ってつける。

1代目は24弦が張ってあってピクアップが四つ設置された。鍵盤も割り箸でできた。アクション機構が原始的すぎてタイプライターみたいな感じで強く押さなきゃいけなかった。音階を変えるためのスイッチも作ってみた。完成させようとしたら頭がおかしくなりそうになったので、スイッチ諦めちゃった。

 

I played that thing all over Kyoto, Tokyo and other areas for about a year.  Then I started work on #2.

関西、関東、この楽器で一年間ぐらいあっちこっち演奏してた。で2代目を作り始めた。

 

 

#2: Chester ~ 幻ピアノ

 

#2 was better.  Possibly the dearest so far.  I got a lot of things right.

2代目の方が良かった。おそらく今までの一番懐かしいの。色々うまくいった。

It was very difficult to manage, though, and the tuning would easily go wonky, just like #1.  It had 29 strings and one single autoharp pickup which had a smoother, less noisy sound.  I also used broken piano strings for the lower octave.  There were no chopsticks involved.  This is the instrument on which I recorded the hikari (光) album.  It also lasted about one year.

I called it “chester”.  My nephew Damien thought of that.

This one too I played around Kyoto, Tokyo, and in America for a brief trip.  My music was evolving.

しかし扱いにくい部分もあって、1代目と同じように調律は狂いやすかった。29弦があって一個だけのオートハープ用のピクアップで音色が聴きやすくなった。一番低いベースオクターブに廃材ピアノ巻線を使った。割り箸無しだった。この楽器で「光」のアルバムを録音した。大体一年間この楽器で演奏してた。

割り箸ピアノと呼べなくなって、困ってたけどある時から幻ピアノと呼び出した。

この楽器も関西や関東、アメリカでも演じてた。僕の音楽は進化してきた。

 

#3: sadly short-lived
すぐダメになったやつ

 

I went to America again for my sister’s wedding and stayed around to make #3 in my dad’s barn.

I used a big solid piece of maple wood.  It was going so well.  It seemed like it was going to be so awesome.  But for some reason, it was all fucked!  It sounded not at all how I wanted it to sound.  I used electric guitar strings.  They sounded like ass.  The bass strings were weak and lacking in low end.  I made a big mistake and cut it too thin.  The whole frame started bending under the tension of the strings.  It bent too much and became unusable.

#3 only saw a handful of performances.  It died young.

姉の結婚式のためにアメリカに行って、そのまましばらくアメリカに残ってお父さんの小屋で3代目を作った。

でかくて丈夫なメープル木材を使った。とてもうまく行ってた。絶対に最高な楽器になりそうだった。でもなぜかめちゃくちゃおかしかった!全然思い通りような音にならなかった。エレキギターの弦を使った。音はクソみたいだった。ベース弦の音が弱くてちゃんとした低音出なかった。大間違いしちゃってボデxーを薄く切りすぎた。弦の張力でボディーが歪んじゃった。結局木が割っちゃってダメになった。

3代目はほんの少ししか演奏で使われなかった。若く死んじゃった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

These are switches for changing the key. They almost worked. But failed. 音階を変えるためのスイッチ。使えそうだったけど失敗しちゃった。

 

#4: Chopstick piano again
割り箸ピアノ復活

 

#4 was made very soon after.  I cut the frame from the same maple as #3.  It was better (still bent eventually) and held the tuning more solidly.  I took the frame back to Japan and finished the work at my friend’s place in Yamanashi.  The hammers were originally bamboo.  But they sucked so I changed it back to chopsticks.

その後すぐ4代目を作った。3代目と同じメープルの木材でボディーができた。調律をもっとしっかり保ってて(これも結局歪んじゃったけど)全然良かった。アメリカで出来たボディーを日本に持って行って山梨に住んでる友達の家で楽器を完成した。もともとのハンマーは竹で出来た。でも音最悪だったから割り箸に作り直した。

 

 

Then I was back to the chopstick piano.

This one lasted the longest.  1¾ years.  I had the bass strings specially wound for me from a piano tuner’s shop.  They were expensive, but my best bass strings yet.  I recorded “Passage” and “Little Noel” on it.  And had a video shot by the Kuma YouTube channel that went viral.

This video below is not the viral video.

そして割り箸ピアノに戻ってきた。

これは今までの一番長く使ってるやつ。一年9ヶ月ぐらい。カスタムでベース弦をピアノ調律屋さんで巻いてもらった。値段高かったけど音は超良くなった。これで「Passage」と「Little Noel」っていうアルバムを録音した。あとYouTubeのKumaチャネルがこの楽器の演奏を撮ってくれてバイラル動画になった。

この次の動画はそれじゃなくて違うやつだ。

This thing was hard to play, so I went back to the drawing board.  I needed to improve the tone.

この楽器はやりにくくて、またデザインを考え直した。音色を良くさせないと。

 

chopstick piano #5
割り箸ピアノ5代目

 

And now, #5 has been with me for over a year.

5 years of experimentation, trial and error, and much music making.

では今一年以上5代目で演じてる。

五年間分の実験、試行錯誤、と沢山の音楽創り。

 

Interestingly, #1 and #5 are similar, yet very differently feeling instruments.  (If you’ve heard both versions of “幻” this should be clear)

#5 has the most pleasant sound of all of them so far.  It actually surprised me how good it sounded when I first played it.  Wow!  So nice and smooth.  Holds tuning very well, but not 100% perfectly.  Strings break often for some reason (probably because I mis-measured the position of the bridge, and the string distances are too long).  Unfortunately the keys are still pretty ragged, and the body, which was custom built by a woodworking friend, has started cracking at the seams.  And it’s the biggest and heaviest of all.  Damn.

Blog post on the making of #5

興味深いことに、1代目と5代目が似てるけど、全然奏で心地が違う。(「幻」っていうアルバムの両バージョンを聞いたことある方がこの差をわかってるはず。)

5代目は今までの一番いい音がする。一番最初に演奏で弾いた時に音が良くてまじびっくりした。すげぇ!滑らかで気持ちい音がする。うまく調律を保つけど完璧ではない。なぜか弦がよく切れる(多分ブリッジの位置を図り間違ったから弦が長すぎる)。残念なことで鍵盤の作りが荒らい。ボディーもせっかく大工さんの友達がデザインしてくれたのに、割っちゃってる。しかも重いし。チクショ。

5代目の作り方についてこちらのブログ投稿で書いてあります

 

Next phase: the making of #6
6代目はこれから

 

So as you can see, it’s a difficult process to make a good sounding instrument, and there are many complicated factors involved.  I have to consider materials, dimension, weight, string length, thickness and tension, how to fit a keyboard and electric pickup, and all kinds of other shit.  It’s fun, I like it.  That’s why I’m building a new one.  It’s an ongoing process.

Hopefully #6 comes out all right.  I have confidence that it will sound nice.  I’m going to take my time and pay attention to detail.

This is why I’m starting a crowdfunding project to build the new version.  This video explains what I’m trying to do in a nutshell.

ご覧の通り、いい音がする楽器を作るのはものすごく大変なこと。複雑で色んな要因がある。材料や、サイズ、重さ、弦の長さ・太さ・張力、鍵盤とピクアップをつけること、なんだかんだ色々考えなきゃいけない。楽しくて好き。なので新しいのを作ろうとしてる。ずっと続く過程である。

6代目がうまく作れるように望んでる。自信持ってていい音がするはず。ゆっくり作業して細かいことに集中するつもり。

なので新しいバージョンを作るためにクラウドファンディングを開始する。この動画でやろうとしてることを詳しく説明する。

When it’s done I will have a newly invented instrument.  Will need a name!

The end result of the crowdfunding will be an album of new music on a new instrument, and a concert of yet to be heard music, as well as other goodies.

Please check here for details on the project:

crowdfunding page

終わったら新しく発明された楽器になる。名前が必要!

クラウドファンディングの成果とは新しい楽器でできた新しい音楽と、以前まで誰にも聞いたことがない音楽や、他に色んなプレゼントがもらえる。

詳しい情報はこのリンクから!

クラウドファンディングのページ

SaveSaveSave